愛知 名古屋 設計事務所 建築家 デザイナーズ住宅|アーキスタジオ

建築設計室アーキスタジオのプロフィール

建築デザインについて思うこと


「建築デザイン」についてのポリシー

巷では、設計事務所の手掛ける建築作品のことをデザイナーズ○○」・・・とやら?その「デザイナーズ○○」という、語感・語呂のわるさも相まって、正直言って、なんとも尻擽い思いの昨今です。

日頃から心掛けていることは正直言って「デザインするためだけに設計(デザイン)しているんじゃあない」・・・

訳のわからないこと言っている?ようですが・・・「必然性のないデザイン」「わざとらしいデザイン」「目立とう、奇を衒ったデザイン」はしたくないと思っています。建築空間の構成に寄与しない装飾的なデザインには抵抗感があります。

だからクライアントさんから「あそこのお店にように、なんかこ~うアールを使ってデザインしてみてょ・・・」ってこと言われると困惑してしまいます。

「一見目先の変わったものやカタチ」をつくれば良いってモン じゃあ、ありません。その場所、その空間に必然性もなく、目立とう・驚かそうとしているデザインは幼稚に思えるし、何よりも日々の生活の中ですぐに飽きてしまう、と思います。

「構造美・機能美・建築空間そのものの美しさ」を設計(デザイン)したい、と思っています。

建築デザインは「機能(=使い易さ)・強さ(=構造耐力)・美(=デザイン)」がそれぞれ十二分に満たされていて、初めて「良い建築」と呼ばれます。

建築っていうのは特定の場所=敷地があって初めて成り立ちます、でなきゃあ絵に描いた餅です。そこんところが純粋芸術とは大きく異なっています。

自分には芸術的素養があるとは思えないし、実際、デッサン・スケッチの類も下手で人にお見せできません。じゃあ、なにを根拠にして住宅のデザインを考えているか?それは、ひたすら「生活し易さ=愉しい生活をデザインすること=生活するための器」を考えるようにしています。

敷地=その特定の場所に立ってみて「この場所だからこそこういうカタチだ」というものをひたすら考えます。デザインの根幹をなす構造についても「木造だから、RC造だから・・・屋根がこうものなんだ、間取りがこういうものなんだ」という発想はしたくない・・・その敷地だからこそ、こういう空間構成を実現したいからこそ、この構造システムなんだ、という発想をしたいと常々思っています。


コンクリート打ち放し・・ ・

もちろん好きな仕上げ。今ではポピュラーな建築仕上げで、万人好みの素材。

打ち放しから想像される「ぴりぴりした緊張感」「装飾への批判精神」「寒くてもガマンを強いるデザイン建築」等々と、今では一般 の人々にも非常に分かりやすい建築の文脈。

これを使っていれば建築家の作品になっちゃったりして・・・?


建築デザインにしろプロダクツデザインにしろ、良いデザインって一体どういうことなんだろう?・・・

それぞれの機能、例えば愉しく生活すること、電話すること、自転車に乗ることなどなど・・・それらの基本的な機能がストレートにデザインに反映されていること、虚飾的な機能など必要のないシンプルな操作性であること、そういった部分を大切にしたデザインが、使い易くって良いデザインであると、私は思っています。

建築は「人が暮らすため器であり、生活の背景である」です。その「器」がこれみよがしのデザインに溢れていてはすぐに飽きてしまうし、愉しい生活が演出できないんじゃないか、と 思う。

建築が完成した時点では控え目の「腹七分目」の空間でありたいものです。そこに人やら家具調度品が入ってきて丁度「腹十分目」、それで住まう人の個性が演出できんじゃあないでしょうか。

建築デザインっていうのは、技術力のたゆまない研磨が必要、と同時に創り手の人間性等々色んな面 が反映されてしまいます。だからこそ建築デザインが面白いと思えるのです。