愛知 名古屋 設計事務所 建築家 デザイナーズ住宅|アーキスタジオ

建築設計室アーキスタジオのよくある質問

Q:設計者が立案する建設工事費・・・


Q:注文住宅の「建設工事費」について・・・

建築の生産現場は毎回異なる諸条件下、言わば「特注品」として異なる環境の現場において、一品一品特別に製作されるものです。その意味では、商品交換のきく工業製品とは大きく異なります。

名古屋の建築家,設計事務所

一般的に建設コストというものは、その時節において常に建設物価が変動しているものです。叉、実際に綿密に工事積算された工事価格であっても各建設業者間での価格差が大きく、価格差が10%〜30%ぐらいあったりします。何故ならば、建設コストというものはメーカー品価格による資材コストよりも現場で働く人達の人件費の占める割合が大きく、人件費というものはその時々の各社の受注状況や世の中の景気動向が如実に反映されてしまうからです。

我々設計者が立案する「建設工事費」は、これまでの職業経験から得た坪単価概算と時価相場情報を勘案した上で、坪単価概算に建設面積を掛け合わせて算出した『概算』です。その都度綿密に工事積算するものではありません。お客様の様々な御要望を実現させたい思いで実施設計を行う訳ですが、その詳細内容によってはこの範囲を超えることもあります。そのような場合には、当初の設計イメージを崩すことのない範囲での設計仕様変更案の作成・御提案〜再見積り価格折衝を行い、請負建設業者選定〜価格査定・交渉に尽力いたします。

最安値 or 最高値でのコストをお客様に提示すべきか否か?は実際悩ましいところですが・・・当方でお客様に御提示申し上げるのは、その時節においての「安値での建設工事費」ということにしております。

御提示申し上げた「安値での建設工事費」という条件下で、お客様の御要望の実現と十二分な建築品質の確保ができるような設計内容でもって最大のコストパフォーマンスを得るべく、建設業者さんの選定〜価格折衝に当たってまいります。