Home / Works / Profile / Process / Faq / Blog / Links

2009年04月26日

● 『Sg』の完成!

 昨日4/25(土)に行われました『Sg』のオープンハウス、雨降りしきる中、多数の方にお越しいただき、誠に有り難うございました。御来場いただきましたお客様、皆様にきちんと御対応したかったのですが・・・当方の不行き届きの対応もあったかと思いますが、大変失礼いたしました。

 明けて今日日曜日、BOSSは日曜日恒例の早朝ランニング35km走をこなしてから〜ヘロヘロの足取りで〜11時頃事務所に日曜出勤。ゴソゴソと書類準備して→『Sg』へでかける。本日は、いよいよお施主様への建物お引き渡しです。

 施主様への建物お引き渡しの儀式?は、まず「工事完了報告書・業務完了書」等々、形式ばった?と言っちゃあ国交省のお役人に怒られちゃますが、いろいろあるんです、書類の調印が・・・。それらを、ひと通りお施主様の御説明申し上げて→それから、お施主様への「建物の使用説明」にはいります。これが、またイロイロあるんです。なにしろ今どきの最新型の設備機器ばかりですから、デジタルのコンパクトではあるが、無茶苦茶多機能な製品が多いんです。そんなこんなで、お施主様への「建物の使用説明」だけでも2時間ぐらいはかかっちゃいます。

sgkansei.jpg
写真をクリック→拡大表示→画像右端をクリックで頁が開きます。

 午後からは、青空も広がり出し絶好の写真撮影日和になりました。やっぱ、「CG」よりは「建物本物の写真」のほうがイイってもんです、あったり前ですが・・・。さらに、「建物本物の写真」よりも、もっと「建物本物」の空間の方がイイってもんです、アッタリ前です。


2009年04月12日

● 35kmランニング・・・

 本日も、BOSSだけ休日出勤。自営業としての哀しい性、仕事してなきゃ落ち着かぬ、不安がつきまとう・・・。BOSSの担当する物件の、実施設計もボチボチ詰まってきて〜BOSSの頭ン中に建築が90%ばかり完成している状態。残りの図面は、そろそろスタッフに任せることにしよう。毎度思うことですが・・・BOSSの頭ン中に出来上がっている建築を→そのまんま、まるっきりスタッフの頭ン中にドラッグ&コピー・・・できんものかいなぁ〜できれば、そうしたいのはヤマヤマではある。

 実は、今朝4時半起き→6時から35kmランニングスタートして・・・3時間45分かけて(6分30秒/kmペース)完走してきました。正直、、、、ヘロヘロになってしまい、ランニング後のストレッチさえもおぼつかない程の状態・・・いやぁ〜まいったなぁ、こんなこっちゃ、相当頑張らなきゃフルマラソン4時間キリできそうもないかなぁ、、、なんて、弱気の虫のBOSSでした。ちなみに、本日のランニングコースはコチラです。


2009年04月05日

● 次回のオープンハウス

来る4月25日(土)に、個人住宅のオープンハウスを開催致します。

郊外の新興住宅地に建つ若い御家族の住宅。廻りは、○○○ホームや○△ハウスが建ち並ぶ街並み、そこへアーキスタジオお得意の「白いBOX」スタイルの建築をもってきます。

sg.jpg
写真をクリック→拡大表示→画像右端をクリックで頁が開きます。

外観を構成するキューブは真っ白けの光触媒左官材ラフ仕上、基壇部はコンクリート打ち放し仕上。外観からは、サッパリ中の間取りや生活観がわかりません。住宅内部は、スキップフロアーと吹抜けを中心とした、開放的で連続性のある間取り構成。隣地に対しては閉鎖しつつも、自らの室内からは、中庭と一体になった広々とした内部空間となっています。


アーキスタジオ作品に御興味をお持ちのクライアント様、設計、施工関連のお仕事の方、
叉勉学目的の建築系大学生の方も御参加下さい。

※お申し込みは、コチラから。

2009年04月03日

● 桜の季節に 2・・・

 世の中、桜に迎えられように新入生や新人さんの姿がちらほらして・・・ウチの事務所にも、おかげさんで新人サンが入所しております。近所の山崎川の桜も、八分咲きでとってもキレイです。

DSC_3269.jpg

 ウチの事務所の新人サン、早速CGパース製作やら現場監理サイトWeb製作やら・・・諸々、やるべきコトが一杯あって大変です。一昔前とは違い、我々の業界でも「情報処理・情報発信」の技術・作業・プレゼンが大変重要です。設計現場においては、CADで描く図面は、原寸図の精度で緻密に描けます。
 CADで描かれた図面は素早く、正確に建設現場に情報提共有でしますし、同時に建設現場からも様々な施工情報が時々刻々と送信されてきます。事務所にいながら即座に建設現場の状況判断ができるのも情報技術の賜物です。

 ただ、今の世の中「情報処理・情報発信」が発達したおかげ、十数年前に比べると「やらなければならぬ仕事量」が膨大に膨れ上がってきています。事務所にいようが、出掛けていようがお構いなく携帯電話やメールに追い立てられるます。居所構わず、瞬時に「いま起っている事実関係」が把握できてしまいますので、いつもいつも忙しい気分です。

 一方では、なんとかコンプライアンス?じゃないけれども「あれしちゃダメ、これしちゃダメ」、やれISOだ、ナントカ規格だ、ナントカ品質だ・・・問題発覚したときのためのExcuseの書類、モノ創る前から「言い訳書類」を準備しているような管理社会にはいささかウンザリします。「管理」にばかり気がいっていて、モノ創りの現場に本来かけるべき手間がかけられないような苛立たしさを感じてしまいます。これじゃあ、本末転倒のばかばかしさです。

 今の時代の新人サン達、本業の技術を覚えなければならない合間に「情報処理・情報発信」の技術も覚えなきゃならん、Excuseの書類の術?も身につけにゃあならん。ホンの一部の性悪人後始末とお役人の保身ため?に複雑繁雑余分労力化した「○△改正法令」も増えていくばかり、それらも全部覚えなければならぬ。

それでも、一番大切なものは、本業の技術を身に付けねばならぬことです。

 まぁ、我々設計屋稼業にかぎらず、どんな仕事でも言えることでしょうが・・・今の時代の新人サン達にとっては、身に付けねばならぬことばかり、つくづく大変な時代になったとは思いますが、是非頑張って欲しいものです。

 そんな、こんな思う春の日々、なんだ時節柄っぽいハナシになってしまいましたが・・・