Home / Works / Profile / Process / Faq / Blog / Links

« なんだか忙しい・・・ | メイン | アーキスタジオ新作 »

2009年02月06日

● 蕎麦屋・・・

 日頃からラーメン通のBOSSも、実は蕎麦好きでもある・・・が、蕎麦ではどうにもが腹一杯にはならず、そうは行く機会がなかったりする。先日、スタッフのitoと「旨い蕎麦屋があるらしいから、行ってみよう!」ということで行ったのは『○×□』。

 実ははウチの奥方が地元の友人から御推薦いただいた蕎麦屋。たぶん、地元の近所の人しか知らない蕎麦屋。名前は・・・ヒミツ。奥方からも『絶対旨い蕎麦屋だよ!・・・でも、秘密にしておいて。皆がいくようになっちゃったら、お店に迷惑かけるから、Blogにも書いちゃ駄目!!』と言われていたお店。

 確かに、旨かった!!これまで食べてきた蕎麦って一体なんだったの?っていうくらい、の食感・蕎麦の香りが素晴らしい(BOSSの語彙では「蕎麦の旨さ」、うまく書き表せないので→コチラ参照してください)。

 旨い蕎麦屋でBOSSの知っているとことろと言えば、かき揚げ天でも有名な『千種豊月』やら、鶴舞近くの『春風荘』、「昼夜蕎麦」っていう変わりだねで有名な『圓珠』(←高い!たかが蕎麦で気取りすぎ)、千種豊月近くの『松寿庵』とか、、、あと千早交差点近くの銘店でナントカ?(←名前忘れた)とか・・・昔っからちょくちょく行っていた。それらの銘店的な蕎麦屋に比べても、コチラの『○×□』っていう蕎麦屋、負けず劣らずどころか、勝る旨さである。

 何しろ、皆さんが知るところの銘店蕎麦屋では客席・客数も多く、どうしても蕎麦茹でてから運ばれてくるのにも少々の時間がかかってしまう。蕎麦っちゅうもんは、蕎麦打ちして、即茹でて、即冷水締めして、即しっかり水切りして、即刻食してしまうのが、一番旨いに決まっとる。

 コチラの『○×□』っていう蕎麦屋、なにしろ客席がせいぜい20席程度の父ちゃん母ちゃんのお店。職人の父ちゃんが蕎麦・天ぷらこしらえて、母ちゃんがお客のもとへ即運び、「蕎麦から(天ぷらは後回しにして)早よう食べてちょ〜」って急かしてくれる。だから、客は即刻旨い蕎麦にありつける、っていうわけだ。江戸の昔っから、蕎麦好きっていうのはせっかち、だ。

如何でしょうか、蕎麦好きなアナタなら、↓のヒントで是非行ってみてください!

※名前のヒント→「スイスイと水の上を歩く虫??」

※場所のヒント→「○鉄×戸線の沿線、某お嬢様大学の駅近くの線路沿い」一見、下町の「うどん屋さん」みたいな店構え。

※客層→まさしく、地元の人しかこない。

・・・であるとだけ言っておきます。


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.arstudio.co.jp/mt/mt-tb.cgi/229

コメントする