Home / Works / Profile / Process / Faq / Blog / Links

« トヨタの芝? | メイン | オープンハウス・・・ »

2009年01月28日

● コケても自己新だ!

この間の日曜日1/25、いってまいりました「第44回一色マラソン」。今回はハーフマラソンです。

でました!!自己新記録1時間39分6秒』 v(^-^)!。

359位/参加者761人

嬉しいです。とっても、、、。

 なにが面白くてマラソンやってられるやら・・・全ては、自分の記録を例え一分一秒でも伸したい、自己新でたときの歓びにつきるってモンです。本当は、今シーズン中(10月〜3月がマラソン大会のシーズン)にハーフ1時間40分キリ、できれば上出来だ、って思っていたところ、結構アッサリ自分新記録でちゃいました。。。v(^-^)!。

issiki1.jpg

issiki2.jpg

 当日は、朝から相当冷え込んでいるものの無風快晴のマラソン日和。今回のレースはパパだけの参加で、ウチの奥方や子供たちは応援に帯同してくれました。

「パパのマラソンついていくと、パパが美味しいモンおごってくれるんだってぇ〜!」

とはウチの奥方。おかげで、マラソン帰りに一色名物の『鰻』と『えびせんべい』おごらされましたが・・・。

レースがスタート!!

 自分の実力以上に前列に並んでしまったおかげ(早く走る人から順に前列に並ぶのがマナーだから、BOSSのマナー違反!)、スタート直後はまわりのランナー達の早いこと早いこと、自分の走力ではとてもついていけません。あっという間に自分の廻りのランナー達が群衆のようにドドォ〜っと追い抜いていきます。まるで、自分だけ止まっているような感じ・・・。それでも、頑張ってキロ4分前半のペースでついていきます。それでも抜かれるわ、抜かれるわ・・・、一体このハイペースなレースはなんじゃいなぁ?どうやら、参加者が他の大会に比べて少ない分、ツワモノの割合が多いのか?と思う。 今回の「一色マラソン」、ハーフの参加者が760人程。この間の「いびがわマラソン=2900人」「名古屋シティマラソン=3500人」に比べれば少ないランナー数です。

 コースは、一色町の湾岸沿いの堤防やら市道をグルグル走り廻るコース。例年は、湾岸風が強ものらしいのですが、今年は多少の向かい風程度で、絶好のコンディションに恵まれたようです。

 BOSSも、5km~10km地点と、いつもより快調なペースで走れましたが・・・15km地点を過ぎ〜こうなったら自己新いくなぁ、とか、思っていたら・・・湾岸堤防の荒れた舗装に蹴つまずいて〜すってんコロリンで、思いっきりコケちゃいました・・・(>_<) 。

 慌てて起き上がりながら、怪我の確認です。昨年四月の事故、ランニング中にコケて右肩鎖骨骨折の悪夢が頭をよぎる、が・・・膝を多少擦りむいた程度、脚の関節、筋肉にも異常はないようで、ホッと一安心。またレース再開です。

 レース再開すれど、ちょっとの間は精神的なダメージでスピードもあまりあげられず〜その間に、後方のランナーがビュンビュンと追い抜いていきます。なかには、明らかに70歳近いとおぼしきジイサン方、二人にも追い抜かれてしまう始末。くっそぉ〜、あんなジイサンにも追い抜かれるんかよぉ〜、って気持ち。

(天の声→"アンタだって、50過ぎのオッサンだろっ!30過ぎの若モンからみりゃあ、アンタだってジジイだがやぁ!!”)ってか・・・。

 そんなジイサン達としばしの間のデッドヒート。抜きつ抜かれつの果て、ナニクソ!って思いでやっとこさ二人のジイサン達を抜き返して〜いつもは、18km過ぎあたりからくる脚の痙攣も、今回は大丈夫な様子。18km過ぎても、まだまだ頑張れる気力、体(耐)力残っている。12月に月間250kmオーバー走り込んだ成果だ (^-^)!。

 レース終盤まで、頑張ってキロ4分30秒〜40秒ぐらいのペースで、最終ゴールまで押しきる。ウチの奥方や息子、娘の声援受けつつ〜ゴォ〜っル!!

issiki3.jpg

 よかったよかったで帰路、一色町の「おさかな広場」に立ちより、名物の海老せんべいポリポリと試食しまくり〜名物の「鰻」を食してまいりました。ウン、なかなか良きマラソン大会であった。

 でも、でも・・・今回の「第44回一色マラソン」、参加したランナー達のブログで「本当に21.097kmあったのぉ?なんか、短いンじゃあなぁい?」って話題がもちきりの様相です。なんでも、GPS距離計では800m?、500m?、300m?短かったみたい・・・だから、今回自己新だしたランナー達がかなり多いらしい。(真相=後日談)

 BOSSも正直、う〜ん短かった?ようにも思う。なぜか、自分程度の走力でこうもアッサリ1時間40分キリできてしまったこと、腑に落ちない思いも・・・言われてみれば、確かにある。

(後日談の続き・・・今回のタイムを21.975kmに換算すれば→1時間43分7秒!→それでも自己新、、、でも、正直複雑な思い)

 まぁ、いいや、そんなこと。それも市民マラソンの御愛嬌か。どんなマラソン大会もそうなのですが、私らぁランナーは、大勢の地元ボランティアの方達が準備万端整えて盛り上げてくださるお陰で、マラソン走らせてもらっているようなモンですから。

 次のレースは陸連公認コースの「読売犬山ハーフマラソン(2/22)」、3/1の「いわくら五条川マラソン(10km)」を挟んで、その次には同じく公認コースの「刃物のまち関シティマラソン(3/15)」を走る予定。公認コースでのハーフマラソン、頑張ってもう一度(本当の)1時間40分キリ、目指そうじゃありませんか!ガンバンべぇ!!


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.arstudio.co.jp/mt/mt-tb.cgi/225

コメントする