Home / Works / Profile / Faq / Links

« オリジナル オーダーキッチン | メイン | いびがわマラソン2 »

2008年12月25日

● 歯科医院・医療施設の設計

 ウチでは歯科医院、クリニックなどの医療施設も設計しております(宣伝デス)。住宅系ばかりではありません・・・念のため。

 ウチは、とくに医療業界の方々とは何のコネもなく・・・お医者さん、歯医者さんの先生方は、あえて医療業界とコネのないアーキスタジオを御指名いただくようです。なぜかとお尋ねすると・・・まずは、ウチのデザインスタイルが気に入って下さったとのこと、其の次が医療施設ばかり専門の設計屋さんではクリニックデザインが皆画一デザインのように思える、とか・・・業者さんと結託していないから?とか・・。

 確かにウチは医療施設、というよりも住宅系を得意とするところです。ですから、医療施設の設計の際には「快適な住空間」を創るのと同じように「快適な住空間=患者のための快適な空間」創りを心掛けます。そのことが、来院される患者さん達の「やすらぎ」につながるものと思っています。敢えて、今風医院の店舗っぽい?装飾に溢れたクリニックデザインはやりません。

 診療スペースの細部設計に関しては、幸いクライアントの先生から御紹介頂く医療業者さん達の豊富な知識と経験を御教授いただいた上で、先生の御要望・御意見をしっかり拝聴すれば、医療上の作業・事務動線も問題なく設計解決できるものです。

sk.jpg

 上の写真「Sk-Clinic」は岐阜の耳鼻咽喉科の診療所です。以前に、こちらの先生の御自宅二世帯住宅を設計させて頂いたご縁で、お父様の代に建てられた医院の建て替え工事の設計依頼でした。建物は建設コストを考慮して、木造の在来工法を主体とした構造に、一部RC造と鉄骨のフラットルーフの混構造です。院内、待合室は天井も高く、中庭空間と一体になった明るく開放的な空間です。患者さんの動線各所で中庭の木々や青空が眺められ、患者さんの気持ちをホッとさせることのできるような院内空間を心掛けました。

2gt.jpg

 こちらは安城市の歯医者さんGt-Dentist's」。こちらは先生の御要望もあり、患者さんの動線とスタッフの動線が交わらないような平面計画・ゾーニングになっています。患者さんの動線からは、クリニックの裏方、消毒機械やら歯科技工スペースがブラインドになるようなレイアウト。それでいて、患者さん側にとってはスムースな動線、スタッフにとっても無駄のない作業動線になっています。患者さんは、診療チェアーにいる時以外は、どこからでも中庭スペースの緑を眺められるようになっています。

 これらのクリニックの設計〜建物完成までには、クライントの先生からの御意見・御指導の他、医療関係業者の方々、あるいは広告デザイナーさん等々・・・普段の住宅設計とは叉違った分野の方々との出会いが多く、とっても楽しいものです。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.arstudio.co.jp/mt/mt-tb.cgi/217

コメントする