Home / Works / Profile / Process / Faq / Blog / Links

« その後の息子連れての山登り | メイン | 名古屋シティマラソン »

2008年11月21日

● ヘキサゴン

 それにしても・・・お粗末なものである、我が国のPrimeministar殿。なんであんなに漢字が読めないのか、情けないですねぇ。「頻繁」→はんざつ」、「踏襲」→ふしゅう・・・揚げ句の果ては、「詳細」→ようさい。TVの会見みていると、前後の文脈からは明らかに間違えそうもないようなところを間違えていらっしゃる、まるきりどこかのヘキサゴンお○○タレントだ。

 そう言えば、どこやらの記事で「最近のオトナは、実年齢の八掛けの大人度?」とかって書いてあった。最近の20代の若者の子供っぽさを揶揄った記事。我が国のPrimeministar殿にしてみれば、まるきり実年齢の1.5掛け?ってことになるわなぁ・・・。

 数年前、BOSSもPrimeministar殿が媒酌人を務められた結婚披露宴にお招き頂いたことがありました・・・、招待客は政財界の方々ズラリとお揃いの場。零細アトリエ設計屋としては、いささか肩身の狭い思いでしたが、日頃お世話になっておりますところの業界関係の方の御子息の結婚式であったもので・・・。

 そんなこともあって、昨今の政治情勢、多少なりとも「やんごとなきお方、何事も自由闊達に喋られるPrimeministar殿」に景気回復の期待をする気持ちもありました・・・が、いくらなんでも「有無」→ゆうむはねぇだろう(←べらんめぇ調)。すっかり、醒めてしまいました。総選挙が待ち遠しい今日この頃です。

 自分では自分自身のことを「実年齢の五掛け〜七掛け?」くらいの精神年齢、かもしれない、と思うこともしばしばあります。今度の年末の実家への里帰りも「名古屋〜一宮の北の外れ」まで、一丁ランニング帰省してみるつもりであります。多分、ウチのオフクロから「アンタ、五十にもなって何考えとるのぉ!?、いい加減ハタチそこそこみたいなこと、やらんといてぇ〜」って言われるのが、これまた愉しみでもあったりもします。自分としては、ハタチそこそこのガキのように、馬鹿げたことに夢中になることをいつまでもやりたい、と思っています。

 BOSSがハタチそこそこの学生の頃、東京杉並の下宿から一宮の実家まで「交通費200円」ポッキリで帰省したこともあったっけ・・・西荻窪の下宿から、環八通り歩いて〜東京用賀の東名インターまで行き→ヒッチハイクで長距離トラック→名古屋駅→ヒッチハイクできずに断念→仕方なく、名古屋-一宮は電車→一宮から実家まで1時間歩きで帰宅。。。そんとき、オフクロから「アンタ、ハタチにもなって何考えとるのぉ!?、いい加減にしときゃぁ〜!!」って言われて、嬉しかったものでした。

 最近では、BOSSの聞く音楽も「実年齢の六掛け?」で、’80年代の洋楽ばっか聴いています。この年になって、やたらとU2やらStingやらDaryl Hall & John Oates...etc.ばかり 聞いています。基本的にランニング中にiPodで聞いて、気持〜ちよく走れる曲が中心です。

 そう言えば、この間ウチの息子がYou TubeでMusic Videoダウンロードしているの見て、面白そうだったので「オレにもやらせろ」と探していたら、U2のこんなのや、

古くはPink Floyd原子心母ライブがあっったりして、結構感動したなぁ・・・。それと、仕事中最近よく聞くのが、所謂’60年代オールディーズ、Righteous Brothersが結構良かったりして

You've Lost That Lovin' Feelin'」とか「Will You Love Me Tomorrow」とか「Save the Last Dance for Me」とか・・・。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.arstudio.co.jp/mt/mt-tb.cgi/206

コメントする