Home / Works / Profile / Process / Faq / Blog / Links

« ヘキサゴン | メイン | 本業の仕事ネタ »

2008年11月28日

● 名古屋シティマラソン

参戦してまいりました「名古屋シティマラソン」のハーフ。

 生まれて初めて、マラソン大会に参加したのが、去年のこの大会。去年「10km」に参加して以来、俄然ランニングのモチベーショーンが上がった自分にとっては記念すべき大会です。

nagoya.jpg

 一年前は・・・瑞穂競技場→桜山→今池→桜通り→大津通り栄→名古屋市役所、、、、まで行って、そこからまた折り返して瑞穂競技場まで帰ってこなければならないハーフマラソンなんて、とんでもムリ無理にしか思えませんでした。しかも、名古屋シティマラソンのハーフは関門は、かなり厳しいぃ〜(このことはコチラさんがしっかり分析されています)、トータルではハーフの21km余りを1時間55分以内で走れれば、いいわけですが・・・実際には、スタート直後の大渋滞でロスタイムが2〜3分、最悪5分はロスがでる???関門で足切りの憂き目にあえば「収用バス」で瑞穂競技場まで強制送還されてしまいます。

 そんなこんなで、10月の鈴鹿かもしかマラソンや先々週のいびがわマラソンでは、一応1時間45分〜48分で走れたから関門はクリヤできると自分に言い聞かせ、なんとか1時間40分キリで走り切りたい、とテンション目一杯あげて当日に望みました。

 スタートブロックはかなり後方からのスタートでした(←自己申告した完走タイムが1時間50分だから仕方がないか)。スタートの号砲鳴れども、案の定3500人余りの人垣がすぐには動かず、スタート地点辿り着くまでのロスタイムが2分余り・・・、そのあとも2km過ぎ地点までは人だらけで大渋滞、ランナー同士接近し過ぎていて、アブナイったらありゃあしない。案の上、2km地点でのラップタイムは前回のいびがわよりもひどく「12分+スタート地点までのロスタイム2分 =自分のペースラップは5分/kmだから合計4分ものロス」、、、これって、結構ヤバイ、関門での足切りに不安になってまいます (*_*; 。

 2km〜5km〜10kmとキバッテ走り、10km地点で借金▲2.5分余り返済して「49.5分+スタート地点までのロスタイム2分」まで挽回できていたと思う。4.7分/kmのラップで走っていたわけだ。ただ、瑞穂通り、桜通りの名古屋特有のコンクリート舗装(アスファルトじゃない)の路面の硬さが災いしたか?それともオーバーペースに脚が悲鳴あげているのか?右足裏がしびれて感覚がマヒしはじている、ヤバイ?かもしれない・・・などと、不安を抱えたまま後半戦へ突入。

 桜通り大津曲がって市役所の折り返し地点でのラップタイムは「52分+スタート地点までのロスタイム2分」ぐらいだったと思う。少しキバリ過ぎで、ペースが落ちてきたが・・・残り、半分だと思い、ガムシャラ(のつもり)で頑張る。

 市役所の折り返し地点を過ぎ、県庁前過ぎた辺りまでくると、道路の向こう側では早速関門閉鎖しはじめている・・・、それみて、ヒヤヒヤする思い (‥;) 。桜通り高岳の関門〜内山をキバッテ走り切り、内山〜今池〜大久手辺りの15km地点〜17km地点までは、なんとか5分/kmペースをキープできた・・・・が、そのあとがヤバくなってしまう。

bus.jpg

 前回、前々回のハーフマラソンでは、ガクッと脚にきて筋肉がピリピリしだしたのが残り3km~2kmの地点 → 今回は、残り5km地点ごろから、脚の筋肉がピリピリしだしてしまった・・・(>_<) 。
 やはり、ペースアップし過ぎたのが堪えたようです。17kmすぎあたりから6分/kmぐらいにペースダウン。頭の中ではどうにか脚があと4km持ちこたえてくれるよう願いつつ、このままのペースだとフィニッシュは1時間50分だなぁ・・・とか、思いながら、でももし本当に脚が痙攣して止まってしまったら・・・最悪、収用バスで強制送還の憂き目かぁ?などとも、ちらちら思ってしまう。

 18km〜19km〜と、脚がいまにもつりだしそうな気配のまま、どうにかこうにかヨタヨタの走りっぷり?で、瑞穂競技場のトラックに辿り着き・・・、やとこさゴールかと思いきや、・・・競技場のトラックまる1周走らされて、どうにかゴール!!

完走タイム(ネットタイム)は「1時間44分47秒!」。。。一応は自己ベストタイム。

 でも、なんだかとっても悔しい思いのタイム。目標タイムには届かなかったことも悔しいのですが、それよりもレース中のラップタイムにムラがありすぎ。レース序盤の借金を気にする余り、前半の飛ばしすぎ〜後半、そのペースがキープできない、終盤の脚の痙攣、等々まだまだ自分の実力不足にガックリする思いのレース。なんとか、4.7分/kmのペースを維持したまま21km走り切りたい・・・まだまだ、キッツ〜イなぁ、という思い。こりゃあまだまだ修業不足だわぁ、こんなことじゃあ、とてもフルマラソンなんて無理だわぁ。そんなこんなの名古屋シティマラソン、コノ結果励みにして、12月からまた練習再開です。

 なんだかんだ言っても、二年前にヨタヨタとジョギングから初めてからランニング歴2年余り、一年前から各地の市民マラソンに出始めたころから思えば、21km余りのレースを、よ〜く走れるようになったもんだとも、思ったりしますが・・・。

 昨年のこの大会以降、最大の目標を「名古屋でのハーフ完走」として、ランニングに励んでまいりました。今年の8月頃には、まだ21km走って2時間キリがやっと、だったように思います。それで、このままではいきなり名古屋ぶっつけ本番で走ったんじゃあヤバイ。事前に一丁腕試ししてみるかぁ、ということで10月の「鈴鹿かもしかハーフマラソン」にエントリー。ついでに11月のいびがわマラソンのハーフも申し込んじゃえぇ!っていうことで、10月〜11月の2ヶ月で3本のハーフマラソン参戦っていうことになった次第でした。ウチの奥方からは「まだ、ハーフマラソン走ったこもないのに・・・いきなり3レース立て続けのハーフはやり過ぎ!!」っていうイエロカードをだされておりました・・・。当初はよく走れてもハーフ1時間50分だろうなぁ、と思っていました。でも、まぁお陰さん、結果は思っていた以上に1時間45分キリでハーフ走れたことと、怪我や体調不良もなく3レースとものりきれたことは素直に嬉しいもんです。

 このあとは、12月に走り込んで(月間250km目標)あと、今後のレース予定〜1月に「いちのみやタワーパークマラソン/10km(確定)」→1月後半に「一色マラソン/ハーフ(確定)」→2月前半にどこかの10kmレース(未定)走って→2月後半の「読売犬山ハーフマラソン(確定)」が次なる目標、目標タイムは今度こそ1時間40分キリ!→3月初めに「いわくら五条川マラソン/10km」....etc,つづく・・・。

がんばんべぇ!!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.arstudio.co.jp/mt/mt-tb.cgi/207

コメントする