Home / Works / Profile / Process / Faq / Blog / Links

2008年10月31日

● 山登り再開!

 昨年の夏頃より、昔取った杵柄じゃあないが、「山登り」をぼちぼち再開しました。ケッタ(自転車)通勤やらランニングやらで、BOSSも体力・持久力ができてきて、中一になった息子連れて。

 ウチの息子は学校でも持久力系の1500m走が得意なことと、少々甘ったれた根性叩き直そうか?と思って。ウチの奥方に言わせりゃア「息子をダシにして・・・山行きたいンでしょ!」ってことらしい・・・。

FC.jpg

gozaisyo1.jpg


 そいでもって、まずは基礎技術と思い、名古屋市内のフリークライミング練習場に息子連れて行ってきました。

 息子には、クライミングの基本中の基本である「三点確保の登り方(両手足四点のうち一点だけ動かして登る)」を教えつつ「昔、パパのはなぁ〜」なんて自慢話交えながら、かれこれ二十年振りにクライミングらしきものを、一応楽しんでまいりました。

 ただ、BOSSの履いているクライミングシューズは25年も前のもの(←実はこれが自慢で「オレは、昔は本格的なクライマーだったんだゾぉ」ってか?)、なんだか廻りの他の若きクライマーさん達からは、年齢も身なりもどうやら浮いてしまっているようでした。

 昨年6月に息子ともども「山歩き(再)デビュー」果たしたコースが鈴鹿山系の御在所岳。中道コース〜御在所〜国見岳〜国見尾根下山、ルートでした。息子連れて、ってこともあり、自分のブランクと体力不安とも鑑みて、万が一エスケープができる御在所を選択した次第。

 初めての山歩き体験した息子は、6〜7時間の山歩きにバテテしまうこともなく、むしろ他の登山者よりも早いペースで歩き通せたようです。


 BOSSにしてみれば、かれこれ20年振りの山歩き、でもまぁここ2〜3年のケッタ(自転車)通勤やら、必死こいて走り込んでいるお陰様、体力的には余力をもって歩け、一安心でした。息子ともども、事故・怪我もなくホッとしました。

2008年10月30日

● 走るBOSS!

 3年半前から始めたケッタ(自転車)通勤もここ半年ぐらいは休止状態です。なにせ、帰宅後に走るために体力温存したいもので・・・。もともとはダイエット目的に5〜6kmぐらいをジョギングしていたのですが、昨年の秋にひょんなことで「名古屋シティマラソン/10km」に参加して以降、ランニングにのめりこんでしまっています。

 昨年の10月に、突然スタッフのito(31歳?)が「ボク、名古屋シティマラソンにでます!」と言い出し、当時の現場での監督F君(31歳?)も「ボクも名古屋シティマラソンにでますョ!」ということで・・・「じゃあ、オレ(48歳)もでるかぁ!お前らのような若いモンには負けンぞぉ!こちとら、まる一年走っているからな・・・」と宣言しちゃったのが、ことの始まりでした。

 年長者は若いモンに勝ってこそ「今どきの若いモンは・・・」って言えるもの、それがカッコええってモンです。

「名古屋シティマラソン/10km」にエントリーして以降、一日おきに10km走り込んでレース備えました。よし!これならば10kmを45分ぐらいで走れるか???という目標で、当日のレースに臨んだ訳でした。

 ところがどっこい、初めての10kmレース。キツイはキツイはで、瑞穂競技場出発してから5kmの折り返し地点までの遠いこと、遠いこと。廻りのランナーにつられて序盤飛ばしたのがこたえた。仮装姿の若モンには抜かされるは、ジジイには抜かされるは、キレイ(そうな)ねぇちゃんに喰らい付いていっても引き離されるは・・・それでも、スタート時に後方にいたはずのitoには抜かされていない、現場監督F君にも抜かされていないなぁ、とは思っては・・・いた。

 ゴール地点の瑞穂競技場のサブグラウンド手前の上り坂には面喰らいつつ、どうにか無事にゴール!タイムは50分丁度だったzzz。ちょいと悔しい記録であった。

 ゴール後、廻りをキョロキョロ・・・itoを探す、しめしめ、まだゴールしていないなぁ、と思っていたら、、、その先にitoがすでにゴールしているではないか!。すかさず、itoにタイム聞く、するとBOSSより5分以上早い!!!、かなりショックを受けてしもうた。

 そのあと、現場監督F君と顔を合わせ、お互い「タイムどうだった??」って会話、そしたら現場監督F君もBOSSより3分ぐらい早かった、それでますます悔しさが募ったのでした。

 そんなこんなの「今どきの若いモン」に負けてしもうた「名古屋シティマラソン」。その時の悔しさを励み?にして、マラソン練習に精をだすようになったわけです。

 その後、犬山、いわくら、春日井落合公園、等々の市民マラソン10kmレースに参加して、よし、次ぎの目標は2008年の名古屋シティマラソンはハーフマラソンでリベンジ!!って思いで、寒い日も暑〜い日にも、ひたすら夜な夜なやら、早朝やらに走り込むBOSSでした。

2008年10月29日

● アーキスタジオ新作

『Kw』。ウチの事務所では、手慣れた?コートハウス。担当はスタッフのito。

kw.jpg

クライアントさんは30代半ばの若い御家族。クライアントさんのオハナシでは、永らくウチのHP上の作品と実際の建物を何軒かご覧になって、ウチの設計スタイルがお気に召していた、とのこと。嬉しいじゃあ、ありませんか、設計屋冥利に尽きるってモンです。
 1階の中心に中庭を配置し、その廻りぐるりと玄関ホールとLDKや寝室を配置したプラン。キッチンからも中庭眺めながら料理したり、中庭で遊ぶ子供たちの様子が窺えます。LDKの南北の二方には間口一杯の開口部を設け、明るくって、風通の良い生活環境となっています。


『Sg』。郊外の新興住宅地に建つ若い御家族の住宅。廻りは、○○○ホームや○△ハウスが建ち並ぶ街並み、そこへアーキスタジオお得意の「白いBOX」スタイルの建築をもってきます。

sg.jpg

外観を構成するキューブは真っ白けの光触媒左官材ラフ仕上、基壇部はコンクリート打ち放し仕上。外観からは、サッパリ中の間取りや生活観がわかりません。住宅内部は、スキップフロアーと吹抜けを中心とした、開放的で連続性のある間取り構成。隣地に対しては閉鎖しつつも、自らの室内からは、中庭と一体になった広々とした内部空間となっています。

2008年10月28日

● ブログ再開します・・・

 皆様、大変御無沙汰でございます。やっとこさ、ブログ再開しようと、決心いたしました。
ブログ休載中、この建築業界イロイロありました。
 例の「確認申請がおりん」問題が相も変わらず続いている建築業界、ブログで仕事ネタ書くと、国交省批判のオンパレードになりそうですが・・・おかげで毎日毎日愚痴ってばかりのBOSSでした。
 それでも、どうにかこうにか設計屋稼業続けていられるのは、ひとえにクライアント皆様のお陰様、ひしひしとクライアント皆様の期待を背中に感じております。

 BOSSのプライベートでは、一昨年秋から始めたダイエット目的のトレーニング、その後エライ高じてしまい→今じゃ、週に3日(14km走+22km走+25km~30km走)ぐらい走っています。月間ランニング走行距離、240km~250km/月ぐらいです。おかげで、体脂肪率は13%~14%ぐらいになりました。

 昨年の夏頃より、昔取った杵柄じゃあないが、「山登り」をぼちぼち再開しました。中学生になった息子連れて(奥方曰く、息子をダシにつかって・・・)、あちこち山登り行っております。そうそう、タイトルバナーの冬山の写真も更新しました。1980年の3月初め、大学3年の頃、北アルプス五竜岳の写真です。

 スタッフのitoが今年の夏、メデタク御結婚なされて、新婚サンの家庭邪魔するワケにはいかず、今年の夏より永らく続いたBOSSの愛情こもった手づくり「アーキスタジオ賄い飯」もしばらく休業しています。ですから、このブログ再開後は、料理ネタがほぼなくなるでしょう、残念ですが・・・。でも、まぁたまには、BOSSがこさえるBOSSの家庭(での)料理、機会あれば(奥方が許可が必要)御紹介していきたいとは、思っておりります。

 そんなこんなで、これからはなるべく肩の力抜いて気楽にブログ記事書いていこうと思いますので、どうぞ皆様末長い御愛読の程、お願い申し上げます。