Home / Works / Profile / Process / Faq / Blog / Links

« 泣けた・・・ | メイン | 山崎川の桜並木・・・ »

2007年03月20日

● 浅蜊の酒蒸し・・・

 昨日の朝、出がけにみていた「はなまるマーケット」。「浅蜊の酒蒸し」の造り方のコツやっていた。忘備録的に記しておきます。

 浅蜊の酒蒸しナンテ簡単じゃん、って思っていたら・・・達人の美味しい造り方のコツは、違っていた。普通「酒蒸し」って言うくらいで、浅蜊に酒振りかけ、水を適宜加えて(春の旬以外は、ワタシャ鰹出汁少々プラス)、鍋蓋して・・・文字通り「蒸す」もんだ、と思っていた。これが、浅蜊の達人によると間違いらしい。

 浅蜊を煮るときに、鍋蓋すると浅蜊の臭みが残ってしまうとのこと。だから、浅蜊の達人の「酒蒸し」方法は、蓋をせずに「煮る」とのこと。要は、蓋をしないことで貝の臭みを飛ばすらしい。へぇ〜、へぇ〜、って感心してしまいました。その他、3月4月の旬の浅蜊は、旨み成分が豊富なため、浅蜊以外の出汁は使わない、味噌や醤油なんかも極力少なめにした方が良い、そうやって浅蜊の旨みをいかさなきゃあもったいない、とのこと。そりゃあ、ごもっともだ。

 今度から、蓋しないで、蒸さないで「浅蜊の酒蒸し」造ってみよっと。そうだ、ワタシャ「ボンゴレ・ビアンコ」にするときも、日本的な「酒蒸し」の習慣があるもので、いつもボンゴレのフライパンに蓋して蒸していたなぁ・・・、こんどから「ボンゴレ・ビアンコ」のときにも、フライパンに蓋せずに、つくってみよっと。

PS:ウチの事務所の日常会話〜「おーい誰か、コンビニ行くついでにスリゴマ買ってきてぇ〜」、なんだかとっても設計事務所らしからぬ会話です 「^^; 。


bannar01.jpg

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.arstudio.co.jp/mt/mt-tb.cgi/180

コメントする