« Bill Evance・・・・ | メイン | 現場でニラメッコ・・・ »

2007年02月16日

● カワハギの煮付け・・・

このブログは、まるで食いモノブログ。

kawahagi.jpg

 本日のアースタジオ賄いメニューは『カワハギの煮付け+摘み菜の辛子醤油和え+長芋の千切り+ 巻鰤+干し椎茸とワカメの卵汁』。巻鰤はスタッフのmutuの石川旅行のお土産。巻鰤とは北陸の名物らしく、塩漬けした鰤の切り身の半乾物、まるきり酒のつまみじゃ、けど、こちとら仕事中の賄いメシ、さすがにスタッフに酒飲ますにはイカン。

 久し振りに、魚の煮付けこさえてみた。今回は「カワハギ」。皮剥ぎ済みの丸一匹の煮付け。カワハギは、傷みが早く、一般的には鍋用にと切り身(頭なし)で売られているものが多い。今回は頭尽き・肝付きのモノがスーパーで売っていたもので、歓び勇んで買ってきた。カワハギっていうのは、顔が不細工でも、身もおいしけりゃあ、肝もオツな味(カワハギを刺し身で食す場合、醤油に肝を混ぜ合わせて食べると絶品です)、煮付けにしてしGoodなお味でした。

 今年の冬は、暖冬なせいか、早くの「摘み菜」がお安く出回っている。摘み菜は定番の辛子醤油和えにする。「長芋の千切り」は、刻み柚子と刻み海苔、卵黄少々をのっけて、出汁醤油を少々、でいただく。

顔は○○で、中身も美味しいアナタ、ついでにブログランキングに投票じゃ !


bannar01.jpg

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.arstudio.co.jp/mt/mt-tb.cgi/174

コメントする