« また 新規Projectなど・・・ | メイン | なんだか世の中おかしい2・・ »

2007年02月01日

● 拉麺紀行 6 ・・・・

 本日は、これまで度々ご紹介してきました「歯科クリニック」の地鎮祭。地鎮祭を迎えるとき、毎度と言えば毎度ですが・・・、「施主さんとの出会いから始まって喧々諤々のプラン打ち合わせ〜必死こいての実施設計〜冷や汗タラタラのゼネコンさんとの請負金額交渉の末の請負御契約」などなどを経て〜やっと実際にモノ造りが始まるんだという実感が湧いてきます。

jitin.jpg

 昔、設計事務所の修業時代、所長オヤジが「地鎮祭の時はなあぁ、神主さんの祝詞ききながら、施主との出会いを神様に感謝するんだぞぉ」とよく言っていたが・・・いまでは、その心境よ〜く分かる気持ちです。このまっさらな敷地にゼロから建築造るんだぁ、という実感が沸き、改めて現場監理に意気込む・・・地鎮祭の最中は、ひたすら頭ペコペコの繰り返し・・・ではある、が、これも良き日本の伝統的文化に思う。

 そいでもって、地鎮祭の帰り道、拉麺通のスタッフmutuの案内で、「刈谷に旨い拉麺屋あるんですよよぉ〜」って言葉につられて、立寄ったお店が『玉響(たまゆら)』。

tama.jpg

 なんとも分かりづらい立地のお店、かつ拉麺屋らしからぬ風情の店構えである。極く普通の和風の家の座敷らしき部屋を、これまた店の店主手づくり?とおぼしき改装を施してある。どうやら、テーマは「和」と「竹」のようである。拉麺も「竹燻製麺」ときたもんだ。

 待望の拉麺がでてきたら・・・一見抹茶茶わんとの大きいヤツ、という表現したらよいのか、不整形な、まさしく「和」の器に拉麺である。驚くと同時に、味への期待が膨らむ、お味の方は 。。。

 ウン、旨い!。澄み切った和風のスープがしつこくなく、適度な軽さと奥行き観のある旨みである。麺はコシのある細麺、スープとも相性バッチリ。ここ数年、名古屋の拉麺界もやたら豚骨ベースやらの油ギトギト系がのさばってきた昨今(←BOSSは、敢えて豚骨系好き、とは言えませんので)、ワタシらのようなオジサン衆には嬉しいお味の拉麺でした。

嬉しいオジサン・オバサンはついでにブログランキングに投票じゃ !


bannar01.jpg

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.arstudio.co.jp/mt/mt-tb.cgi/169

コメントする