« 拉麺紀行 4 ・・・・ | メイン | パルミジャーノレジャーノ2・・ »

2006年11月22日

● キノコ料理・・・・

最近、やっとわかったこと・・・いかにしてキノコを美味しく料理するか。以前の記事で・・・・

『ワタシャ結構キノコ好きで、買い物いきゃあ色々キノコ買い集める。しかしだ、そんじょそこらのスーパーで買う代物、みな工場生産品ばかりでなんだか味がしない!って思うのは私だけでしょうか?』

って書いたが・・・はたして、このサイトに書いてあることやってみたら、ホントだった。シェフ曰く・・・・

『ポイントは、キノコの水分を抜いてカラリと仕上げること。ふだんつくるキノコの炒め物って、ベシャッと水っぽくなりがちですが、それとはまったくちがうものになります。』

konoko.jpg

 自宅では、低温のオーブンで(100°ぐらい?)15分〜20分ぐらいでキノコの水気を飛ばします。事務所の賄いメシでは、オーブントースターで、適当に15分ぐらい空焼きにします。すると、まるきり別モンのキノコ、味が濃縮された感じになります。ただ、見た目の量も、ギュッと目減りして1/3以下になりますから、キノコ好きな輩には、少々多めに使った方が美味しいです。

 先日も事務所の賄いメシで「エリンギと舞茸」を使った、カルボナーラベースのスパゲティーニにしたのですが、大変美味しかったです。生のままのエリンギや舞茸でつくった場合とは、別モンでしたねぇ・・・キノコのシャキシャキ感とキノコのお味が。その他、キノコをリゾットにしたり中華風の炒め物にしたり、トマトソースにいれたり・・・ここんところ、色々キノコを使いまわして、結構楽しいモンです。

 キノコは、もちろん路地栽培の方が美味しいでしょうが、そんなもん、そんじょそこらのスーパーにはありません。私の場合は、極く普通の「舞茸」「エリンギ」「ブナシメジ」ばっか。最近では、時々「寒シメジ」ってやつが出回っていますが、こいつが一番美味しいです。

 そう言えば、今回のキノコの水気飛ばしと同じように・・・・夏が旬のミニトマトを使ったパスタをつくる場合も同じようなことをしていました。
 アルミホイルに半切りのミニトマト敷き詰め→塩少々とオリーブオイル少々振り→オーブントースターで15分程水気飛ばし即席の半乾燥トマトに→してから利用しています。そうすると、酸味が多いミニトマトでも甘味が増し、より一層フレッシュトマトの味が楽しめます。


★このブログ読まれた方、カウントダウンしてみてちょ↓★

ranking.gif

bannar01.jpg

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.arstudio.co.jp/mt/mt-tb.cgi/153

コメント

oguraさま
コメントありがとうございます。つまらん拙文にはございますが、こんごともよろしく御愛読くだされば幸いです。

こんばんわ。プリマヴェーラさんの新年会で御一緒させていただきましたoguraです。お隣になってお話が楽しかったので、さっそくHP拝見させていただきました。
単純な言い方ですが・・・とても素敵な建築で、というより、好きな建築で見入ってしまいました。
linkを見て、プリマヴェーラさん、輪鼓さん・・私の好きな人々でした。
ブログも楽しく拝見しました。あっちいったりこっちいったり、一晩楽しませていただきました。
賄いお料理、おいしそうですね。スタッフの方が羨ましい!
音楽は全然くわしくありませんが、昨年12月、ビリージョエルのライブに行ってきました。すっかり昔の面影のない体系でしたが、声、腕、体力は健在でした。行ってよかったです!
建築家であるだけでなく、お料理、音楽、それにこのHP、&健康管理。新年早々、いい刺激をいただきました。
ところで、メールをどこからしてよいかわかりませんでしたので、ここから・・・これってどこのコメントかもわかるのでしょうか?
せっかくのご縁です。これからもよろしくお願いいたします。長くなり失礼しました(本当はもっと書きたかったくらいですが)。

コメントする