« 続 新規 Project など・・・ | メイン | 銀杏ご飯・・・・ »

2006年11月06日

● タイトルバック『冬山』・・・

 皆様、タイトルバックの山の写真替えました。これまではネパール・ポカラからのヒマラヤ・マチャプチャレの写真でしたが・・・昔のアルバムひっくり返して、『北アルプス・五竜岳の朝焼』の写真引っ張り出してきました。

yama.jpg

 なんだかこの写真みると、当時の緊張感が蘇ってきます。五竜遠見尾根、標高2500mぐらいの地点、西遠見池付近での雪洞ビバークが懐かしい思い出です。1980年の3月初め、大学3年の頃でした。

huyuyama1.jpg

huyuyama2.jpg

 凍てつく厳冬の朝、雪洞から相棒と一緒に顔だすと・・・そこには、信じられないくらいの美しい景色。朝焼けに染まる五竜岳〜鹿島槍ヶ岳に連なる峰々がひろがり、感嘆の声をあげていました。

 前日の午前まで吹雪いていた天気がピーカン晴れになり、絶好の頂上アタック日和です。慌ててアタック準備にとりかかったものでした。でも、登山靴やらピッケル、ザイルやらアイスハンマーはカチカチに凍てついています。寒さでかじかんだ手、カチカチに凍ったアイゼンバンド締めつけるのにも時間がかかってしまいます。

 ぴ~んと張りつめた凍てつく空気。朝焼けの山々が、徐々に淡いピンク色~ブルーに変化していきます。頂上アタックに向けてピリッとした緊張感とはやる気持ち、ワクワク感・・・今でもコノ写真みると当時の感覚が蘇ってくるようです。

 当時は、五竜岳・白馬岳・鹿島槍ケ岳等々、北アルプスは後立山連峰が好きでした。冬山といえば必ず後立山連峰にいっていました、大学の勉強ほっぽり出して・・・。

 雪山の白馬岳バリエーションルート、白馬主峰主稜や杓子岳杓子尾根などは何度も登ったものです。五月ゴールデンウィークの頃にはスキー担いで主峰主稜登攀~下りは大雪渓スキー滑降~、なんてのもやりました。でも、不思議と12月~5月までの雪山シーズンしか行ったことがありません、北アルプス・後立山連峰には。


 鹿島槍ヶ岳の東尾根は、後に1987年の正月にチャレンジしました。でも、当時仕事にエネルギー費やしはじめた?頃、ど根性とパワー不足がたたり、東尾根第二岩峰手前での「退却」でした・・・。 

 心残りでやり残した感じの後立山連峰・冬のバリエーションルートといえば、「五竜岳のG2やG5と呼ばれる雪凌ルートからの登攀」や「鹿島槍ヶ岳のダイレクト尾根や鎌尾根(超ド級難関ルートの鹿島槍北壁や荒沢奥壁は諦めていました)」等々・・・。

yama2.jpg

 そんなこんなで、冬山の写真で残っているものは全て、ピーカンの好天時の時のものばかり、悪天候時の冬山は、吹雪で写真どころではありませんでしたので・・・。
 当時の冬山の写真、あらためて眺めていると・・・ピーンと張りつめた厳寒の空気感、圧倒されるような雄大な冬山、その大自然の中での人間の存在のちっぽけさ・・・なんかを感じていたことを思い出します。それらの感覚が一種、恐怖感とともに自然への畏敬の念にも繋がっていました。それでも、圧倒される程の美しい峰々をバックに、一歩一歩登り始めれば勇気も湧き、その緊張感や高揚感こそが冬山登山の醍醐味とも思っていました。夏の山登りとは、ちょと違う張りつめた感覚が好きでした。都会での日常生活では、なかかな味わうことのできない達成感を冬山登山にみいだしていた20代の頃でありました。


★何人の方にこのブログに読んで頂いているのかなぁ?読まれた方はカウントダウンしてみてちょ↓★

ranking.gif

bannar01.jpg

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.arstudio.co.jp/mt/mt-tb.cgi/147

コメントする