« 就活の偏差値?・・・ | メイン | すっかり秋めいたメニュー・・・ »

2006年10月11日

● 秋雨の現場にて・・・

 昨日までの秋晴れはどこへやら、、、今朝はBOSSも氷雨?降るなかなんのその、自転車コギコギ自転車通勤だ。でも・・・ここんところチョイ気張り過ぎ?、よる年波は勝てずか?関節に負担掛りすぎか?膝と腰に痛みがきている (x_x)、しばしマイルド路線のトレーニングに切り替えるか・・・
 先回の記事に引き続き造園ネタ。「Su」よりひと足先に完成した住宅、こちらが今造園工事中。あいにくの秋雨の肌寒いなか、カッパ着て造園新村チームが頑張っている、お疲れさまデス。

nr2.jpg
nr3.jpg

 新村氏のもってくる樹は、こちらが設計した建物の空間スケールにドンピシャリときまる、毎度のこと。毎度、関東の植木屋まで仕入れにいったりしているだけのことはある。今回の住宅でもまたまた「同じ敷地・建築に同じ樹種は二度つかわない流儀・・・」のおかげ、とにかく植栽の種類が多い。似たような樹形でも、どれがエゴノキでどれがヤマボウシやら・・・彼にしては珍しく(普通っぽく?)シマトネリコ使っていると思いきや、いや違った「○○ノキ」だとか?名前忘れた・・・。


★一日一度のあなたのクリック ↓ で歓びにつつまれるワタシです★


ranking.gif

bannar01.jpg

追記 :この記事アップした際に、誤って10月7日の『秋晴れの現場にて・・・』という記事削除してしまいました。以下に再アップいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2006年10月7日

● 秋晴れの現場にて・・・

 すっかり秋めいて、朝晩も肌寒く感じるようになりました。本日は「Su」の現場、自転車コギではなく、車でいってまいりました。なにせ、週末土曜日の夜の帰宅は「ジョギング帰宅」に決めているもので・・・夜の帰宅に備えて体力温存のつもりです。

 秋晴れのもと、外部足場も外れて・・・見事「Su」の外観が現れていました。

1.jpg
2.jpg
3.jpg

 真っ青な青空に、見事に栄える外観です。毎度のこと、私にとっては建築だけの?外観、カタチがストレート過ぎて多少キツク感じてしまいます。やはり「建築+外構の植栽」があってはじめてバランスとれるという思い、設計当初から常に植栽計画のイメージ描いているもので・・・。

 そんなこんなで、本日もクライアントさん交えて造園家の新村氏 と最終的な造園計画の打合せ。彼もウチの現場「Nr」と「Su」用にと、すでに関東の植木屋(「雑木の庭」の本場は関東武蔵野だ)まで仕入れにいってきたとのこと。
 どのスポットにヤマボウシやエゴノキ、イロハモミジにシラキやヒメシャラ...etc.どんな樹形でどんな大きさ、グランドカバーのタマリュウやヒメコウライ芝等々、あるいは、伊勢五郎太石でいくのか白玉砂利がいいか?はたまたゴツゴツの砕石か?色々検討重ねます。

niwa1.jpg
niwa2.jpg

 造園家の新村氏とは、かれこれ10年近く一緒に仕事しているもので、私の設計スタイル、イメージする空間なんか、十二分に理解して下さっています。そのおかげ、新村氏とは、あうんの呼吸で植栽計画が決まっていきます。だけど、彼のやり方「同じ敷地・建築に同じ樹種は二度つかわない流儀・・・」のおかげ、とにかく植栽の種類が多い多い。でもって、建築屋のワタシにとしては、十年近く経っても、未だに植えられた木と名前が一致しない・覚えられない・・・トネリコ・シマトネリコ・セイヨウタセンボク・セイヨウニンジンボク・ツリガネソウのマルバノキ・・・み〜んな似た名前だが、これがまた、姿形違う場合もあればソックリな樹形の場合もあったり・・・。新村氏もお庭が完成後、ちゃ〜んと木々に名前札つけてくれるが・・・時々、名札付けわすれたりもする。困ったもんだ。

 ここに柔らか〜い樹形の落葉樹(例えば、紅葉が奇麗なコハウチワカエデ)はいれば、さぞ栄えるだろうなぁ、などと・・・我ながらワクワクする気分です。

コメント

今日玄関前のマウントの手直しをしました。かなり良い感じになったと思います。明日で完成する予定です。出来上がりを楽しみにしていて下さい。

コメントする