Home / Works / Profile / Process / Faq / Blog / Links

2006年10月29日

● 実施設計・・・・

これまで度々ご紹介してきました、新規プロジェクト「歯科クリニック」の続続続続続編です。

gt5.jpg

 CGは、只今実施中の最終案のもの。長閑な田園風景のなか、水平ラインを強調した直線的な建築デザインの景観設計です。ここを訪れた患者さんは、インテリア〜イクステリアが一体となった建築空間、つねに中庭の緑を眺めながら開放的な院内を移動します。院内は、患者さんとクリニックスタッフの動線が交わらないようなゾーニング計画になっています。そのおかげで、患者さんからは、医療・検査機器等目線に入らぬようなレイアウトになっています。

 以前から、ず〜っと思ってきたことですが・・・巷の医院建築の多くは、患者さんからの目線よりも管理側の目線・動線で平面計画されている場合が殆ど・・・だから、患者の立場で訪れるとなんだかとっても息苦しく閉塞的に感じるものが多いように思います。私のところは、医院建築ばかりやっているワケでもありませんが・・・毎度、医院建築を創らせていただける機会には、是非「患者さんからの目線」で設計された医院建築創りたいもの、と願ってきました。

 おかげさま、コンピュータのネットワーク技術も普及して、治療台廻りやレントゲン室と事務・受付方がネットワークで繋がっていれば、スタッフが頻繁に行き来する必要もなくなってきています。院内の電子化・ネットワーク化のおかげ、患者さんの動線とスタッフの動線を分離しやすくなったものです。


zumen.jpg

 「歯科クリニック」実施設計の担当はmutu。実施設計戦争状態も半ば過ぎ、これからは構造設計やら設備・電気設計とのスリ合わせが続きます。毎度のことながら、実施設計というのは前半戦がシンドイものです。ウチの事務所の場合、BOSSの方針で「平面詳細図」や「矩計詳細図」は徹底的にDetail設計の詰めに時間が費やされます。ウチの事務所の図面は、もっぱら大判・A1サイズで描きます。平面詳細図や矩計詳細図を一枚描くのに二週間くらいかかる、のは常です。この段階で徹底的に時間を費やすもので、一ヶ月や二ヶ月はあっと言う間に過ぎてしまいます。
 「平面詳細図」や「矩計詳細図」を煮詰めながら、具体的な構造断面・基礎構造の形式や設備の配管ルート、各種法令関係のチェック、施工のだと妥当性、建設コストの妥当性・経済性価値観...等々、あらゆる角度から設計の検討を重ねます。描かれる図面はCAD画面上では、常に「1/1原寸図」の精度でDetalを描き込んでいきます。この期間は、実施設計担当者もピリピリムードです(BOSSのチェックで喧々諤々の揚げ句、ダメだし!)。ちなみに、BOSSがチーフで実施設計やる場合は、もっとピリピリしています、ハイ「^^;。
 でも、まぁ「平面詳細図」や「矩計詳細図」を煮詰めてしまえば、担当者とBOSSのアタマん中には建築が90%方完成しています。あとは、実際に工事がしやすいように、工事区分ごとに図面描き分けたり、施工図・製作図に近い「部分詳細図」おこしたり、構造設計図、設備設計図、法令関係図...だったり。これらの図面は、基本的に「平面詳細図」や「矩計詳細図」をCAD上で、コピー拡大・縮小して加工する作業が中心になってきますので、一日に何枚も描くことも可能です。

 そんなこんな、我々設計屋にとって、「基本計画・基本設計」の段階が「建築のソフトを思案」する過程ならば、「実施設計」の段階は、まさしく現実のモノを具体的に造っていく作業の世界。いくら素晴らしいアイデアやソフトができていても、経済的価値観が合致しなければハナシにならず、現実に造れてナンボの世界が「建築」です。いくら設計者が優れた建築を考えて、それをCGや図面 にどんなに美しく表現しても、実際に「建築」として完成できなければただの「絵に描いた餅」です。

 建築を施工するという行為には、現場での膨大な作業と重大な社会的責任とが伴います。設計者としては、自分の考えた建築が実際にできあがることには大変な喜びを感じますが、それも現場で施工してくださる工務店の方々の力なくしては、その喜びもありえない、っていうことです。



★元気回復コガネ虫に愛のクリックを!★


ranking.gif

bannar01.jpg

2006年10月28日

● 元気回復コガネ虫・・・

おかげさまで・・・また、エッホエッホとトレーニング再開しました。

ご心配していただいた方々、あざ笑ってくださった方、おかげさまで元気回復いたしました。

激痛に見舞われ歩くもやっとこさだった一週間前、あの頃に比べれば95%回復しました。ま、ボチボチと自転車コギコギ通勤に、テクテク歩き通勤+週二回ぐらいのジョギング(6km〜8.5)の再開です。

 日々のトレーニングは一週間ちょい休んだワケですが・・・実を言うとお盆前の体重が(身長164cmで)67Kgで体脂肪率が22%ぐらいだったのが、昨日の計測では体重61.3kg、体脂肪率は16.2% ! v(^^)、でした。

 ここ一ヶ月のあいだ、マメにトレーニングしたおかげか、一週間ぐらいブランクあっても、基礎代謝があがって「燃焼系」のカラダになってきているようです。とりあえず、目標は「体脂肪率15%アンダー」です。

★一日一度の、ポチッと!お願いします★

ranking.gif

bannar01.jpg

2006年10月27日

● 安物ワインに、もったいねぇ〜

 先日、ウチで手掛けさて頂く住宅のカーテン工事(バウマンなんていう素敵なカーテンやら)やら家具やらで・・・色々お世話になっているangelicoさん。この度、ショップをリニューアルされたということで、そのオープニングパーティにお呼ばれしました。ウチは男所帯の事務所故、奇麗な女性もいらっしゃるであろう、ということで皆で鼻の下ながくしてお邪魔させていただきました。

 そのリニューアルパーティで、ウチのitoがクジ引きでゲットしてしまった「Grand Cru ・ワインオープナー」。なんだか、とっても洗練されているデザイン。とても、事務所の賄いメシ御用達クッキングワインにゃあ、もったいねぇ〜・・・。大変結構なものありがとうございました。

wine.jpg

abgelicoさんは、名城線 瑞穂運動場東駅からすぐ近く。とってもオシャレでマニアックなインテリアショップです。店奥には隠れ家めいたカフェもあります。

angelico.jpg
こんな感じのカフェです。誰かさんとのヒソヒソ話の場にはピッタリです。


★いつものように一日一度の、ポチッと!お願いします★

ranking.gif

bannar01.jpg

2006年10月24日

● うどんカルボナーラ・・・

udon.jpg

 今夜の賄い飯は「ポーク ジンシャーソテー+うどんカルボナーラ」。

 うどんは、讃岐うどんでスタッフのmutuが、何故か?岡山土産に買ってきてくれた。さっそく、讃岐風?に「溶き卵+出汁醤油」のシンプルうどんにて食す。うん、うまい!

 ポークソテーは生姜焼きにして、付け合わせは粉ふきいも(ジャガイモ)にニンジンコンソメ煮、残り物のブロッコリーの茎等々。



 わたしゃあ、ソテーや豚カツにする豚肉は、やはり「肩ロース肉」が一番美味しいと思っている。仕込みでちゃんとスジ切り施せば(スジ切りは程々に。スジ切りのしすぎは「十勝の手延べ豚カツ」)歯ごたえあって美味である。

★食欲な秋のアナタの ↓ ポチッと投票で、料理にハゲむ私です★

ranking.gif


bannar01.jpg

2006年10月23日

● まるでコガネ虫?・・・

オレはまるでコガネ虫・・・

別に「小金」はいってフトコロ豊かになんかなっちゃあいない。

ここ2〜3日、先日来の腰痛がひどくなり、とうとう椅子にも(痛くて)15分と座っていられず、横になって安静にしているより仕方がなく・・・

ところがどっこいしょ、一端ヨコに寝てしまうと、TVで日本シリーズ観たくて寝返りうつにも、くっくっ苦痛・・・起き上がろうにも激痛で起きられない始末 (x_x)。

そいでもって、独り唸りながら、モゾモゾ手足ばたつかせ・・・必死な形相で起き上がろうとすれども、なかなか起き上がれない。

まるで、ひっくり返されたコガネ虫が起き上がれない状態。

子供達には散々からかわれ・・・やっとこさ立ち上がって、食卓にたどりつけど・・・腰が痛くて・・・15分と座っていられない・・・・。

仕方ない、だったら立喰いだと思い、立って皿もって食べ始めると・・・「パパ、お行儀ワルイ!座りなさい」と子供達に怒られてしまう、「パパ」の面目丸潰れ。

顔が洗えない・・・腰が痛くて (x_x)、前かがみが出来ぬ。手ですくった水を、真っすぐ突っ立ったままでしか顔を洗えない!。おかげで、顔洗う度に服が水浸し・・・

その姿子供達に見られてしまい、またまた「パパ」の面目丸潰れ。

一体このさきどうなるのやら・・・。


〜閑話休題〜


ito.jpg

こちらは、ウチのスタッフの誰かさん

なにを思ったかモヒカンあたまに変身! してござった。
その昔、BOSSの説教キツすぎて?丸坊主で出勤してきたスタッフはいたが・・・

モヒカンとははじめてだ・・・

なんでも美容院で「モヒカン如何ですか?」と問われて「ハァ」と応えたらしい・・・美容院から帰ったら、友達にはウケるは、親には爆笑されるは、だったらしい・・・

世の中進化したもんだ。



★コガネ虫にも愛のクリックを!★


ranking.gif

bannar01.jpg

2006年10月17日

● すっかり秋めいたメニュー・・・

 日々のトレーニングに気張り過ぎたBOSS、先週から腰痛に見舞われてしもうた・・・。生まれてこのかた、初めての本格的な腰痛かもしれない。なんだか浮かぬ気分である。それでも、自転車コギコギ通勤だけは止めず(どうやら腰痛には影響ないようだ)にいます。それと週一のジョギング通勤はあきらめて「テクテク歩き通勤」に切り替えています。

 そんなこんなで、浮かぬ気分ではあるが・・・、事務所の賄い飯つくりで、キッチンに立つときときだけは腰痛も全く気にならない、ようするにメシつくりだけ?は没頭できる性分らしい・・・。

 最近は、事務所でもすっかり秋めいたメニューが多い。「栗ご飯」に「秋刀魚の塩焼き」、「秋茄子の揚げびたし」、「鯖の味噌煮」に「色々キノコとパンチェッタのスパゲティ・ビアンコ」や「色々キノコ+チキン挽肉のスパゲティ・ポモドーロ(トマトソース)」等々・・・。買い物いっても、色んなキノコがお安い、のは結構・・・ワタシャ結構キノコ好きで、買い物いきゃあ色々キノコ買い集める。しかしだ、そんじょそこらのスーパーで買う代物、みな工場生産品ばかりでなんだか味がしない!って思うのは私だけでしょうか?

 そんなこんな、で今夜も「シメジとブラウンマッシュルーム」を利用しての定番メニュー「オムライス」。

omrice.jpg


オムライスのケチャップライスは、チキンにタマネギとシメジ、それと「ケチャップ+チキンブイヨン+赤ワイン+ウスターソース少々+塩胡椒」で味付け。

上にのっける卵は、生クリームとパルメジャーノチーズ入りの豪華版?、卵はトロトロ状に仕上げる。

仕上のソースはトマトソースは作り置きのもの。今回はブラウンマッシュルームをオリーブオイルで軽く炒めトマトソースに投入。仕上にこれまた、生クリームを少量投入。付け合わせのスープは「ポテトポタージュ」。


★一日一度アナタの ↓ ポチッと投票で、ブログ更新にハゲむ私です★

ranking.gif


bannar01.jpg

2006年10月11日

● 秋雨の現場にて・・・

 昨日までの秋晴れはどこへやら、、、今朝はBOSSも氷雨?降るなかなんのその、自転車コギコギ自転車通勤だ。でも・・・ここんところチョイ気張り過ぎ?、よる年波は勝てずか?関節に負担掛りすぎか?膝と腰に痛みがきている (x_x)、しばしマイルド路線のトレーニングに切り替えるか・・・
 先回の記事に引き続き造園ネタ。「Su」よりひと足先に完成した住宅、こちらが今造園工事中。あいにくの秋雨の肌寒いなか、カッパ着て造園新村チームが頑張っている、お疲れさまデス。

nr2.jpg
nr3.jpg

 新村氏のもってくる樹は、こちらが設計した建物の空間スケールにドンピシャリときまる、毎度のこと。毎度、関東の植木屋まで仕入れにいったりしているだけのことはある。今回の住宅でもまたまた「同じ敷地・建築に同じ樹種は二度つかわない流儀・・・」のおかげ、とにかく植栽の種類が多い。似たような樹形でも、どれがエゴノキでどれがヤマボウシやら・・・彼にしては珍しく(普通っぽく?)シマトネリコ使っていると思いきや、いや違った「○○ノキ」だとか?名前忘れた・・・。


★一日一度のあなたのクリック ↓ で歓びにつつまれるワタシです★


ranking.gif

bannar01.jpg

追記 :この記事アップした際に、誤って10月7日の『秋晴れの現場にて・・・』という記事削除してしまいました。以下に再アップいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2006年10月7日

● 秋晴れの現場にて・・・

 すっかり秋めいて、朝晩も肌寒く感じるようになりました。本日は「Su」の現場、自転車コギではなく、車でいってまいりました。なにせ、週末土曜日の夜の帰宅は「ジョギング帰宅」に決めているもので・・・夜の帰宅に備えて体力温存のつもりです。

 秋晴れのもと、外部足場も外れて・・・見事「Su」の外観が現れていました。

1.jpg
2.jpg
3.jpg

 真っ青な青空に、見事に栄える外観です。毎度のこと、私にとっては建築だけの?外観、カタチがストレート過ぎて多少キツク感じてしまいます。やはり「建築+外構の植栽」があってはじめてバランスとれるという思い、設計当初から常に植栽計画のイメージ描いているもので・・・。

 そんなこんなで、本日もクライアントさん交えて造園家の新村氏 と最終的な造園計画の打合せ。彼もウチの現場「Nr」と「Su」用にと、すでに関東の植木屋(「雑木の庭」の本場は関東武蔵野だ)まで仕入れにいってきたとのこと。
 どのスポットにヤマボウシやエゴノキ、イロハモミジにシラキやヒメシャラ...etc.どんな樹形でどんな大きさ、グランドカバーのタマリュウやヒメコウライ芝等々、あるいは、伊勢五郎太石でいくのか白玉砂利がいいか?はたまたゴツゴツの砕石か?色々検討重ねます。

niwa1.jpg
niwa2.jpg

 造園家の新村氏とは、かれこれ10年近く一緒に仕事しているもので、私の設計スタイル、イメージする空間なんか、十二分に理解して下さっています。そのおかげ、新村氏とは、あうんの呼吸で植栽計画が決まっていきます。だけど、彼のやり方「同じ敷地・建築に同じ樹種は二度つかわない流儀・・・」のおかげ、とにかく植栽の種類が多い多い。でもって、建築屋のワタシにとしては、十年近く経っても、未だに植えられた木と名前が一致しない・覚えられない・・・トネリコ・シマトネリコ・セイヨウタセンボク・セイヨウニンジンボク・ツリガネソウのマルバノキ・・・み〜んな似た名前だが、これがまた、姿形違う場合もあればソックリな樹形の場合もあったり・・・。新村氏もお庭が完成後、ちゃ〜んと木々に名前札つけてくれるが・・・時々、名札付けわすれたりもする。困ったもんだ。

 ここに柔らか〜い樹形の落葉樹(例えば、紅葉が奇麗なコハウチワカエデ)はいれば、さぞ栄えるだろうなぁ、などと・・・我ながらワクワクする気分です。