Home / Works / Profile / Faq / Links

« 階段 (其の2)・・・ | メイン | 桜の季節に・・・・ »

2006年03月31日

● 拉麺紀行 3 ・・・・

 なんだか、昨日今日とやたら寒いですねぇ。咲き始めた桜も縮んじゃいそうですねぇ・・・。事務所の近く、山崎川の桜並木は四分咲き(びみょ〜)ってところか。朝の自転車コギコギ通勤も冷たい風が強く、はぁはぁゼェゼェと思わず汗かきかき突っ走ってきました。結構なスピードだして走っていたら、そりゃあ麗しい女性に「あのぅ〜・・・」って呼び止められ、何事やら??思わず、BOSSは年がいもなくitoの如く妄想しちゃったりして・・・そしたら「郵便局どこですかぁ?」だって、、、この自転車コギコギ忙しい時に呼び止めるなよぉ!、とは思いつつ、ニコニコ御丁寧に説明しちゃったりして・・・春ですねぇ。自転車コギながらも、1月からず〜っと実施設計中のディテールやら・・・色んな思いが駆け巡り、思い悩んでいた設計のヒントが閃いたり、するもんです。

 久々の拉麺紀行。あいかわらず「愛知県人の為のラーメン情報サイト/ラ王への道」をバイブルにして、スタッフとともに拉麺屋巡りしています(週一程度ですが)。最近いったのは「こくや」に「銀のくら」、「」に「薬味拉麺茂一(元、麺なかの)」、その他名古屋拉麺界の大御所「総本家好来道場」等々・・・。

まずは「こくや」。このお店のご主人は、有名店の「三吉」で修業された方らしく「魚介系無化調スープ」を基本にしていらっしゃる。人気店のうわさにたがわず、美味しい拉麺であった。ただ、拉麺でもスープでもなんでもかんでもアツアツ好きのBOSSにとっては「なんか、生ぬるいなぁ・・・」などと、ちょいと不満はあった。「ら王」さんによると「カウンター越しに厨房を眺めていると、湯切りが面白い。麺を寸胴から上げると、そのまま水切棚に掛けている。自然に湯が切れるのを待っているのだろうか・・・」らしい。料理好きのBOSSにも何故こうした湯切り、わざわざするのかは、正直理解し難いところ・・・。ウチのmutsuは、相変わらず一見の拉麺屋でも「拉麺大盛り!」って注文していたが、頑固そうな店主に「うちは大盛りやっていません!」って断られていた(笑)。まぁ、BOSSのグルメ遍歴?によると、「大盛り」注文断るお店は(洋食屋やイタ飯にしろ、拉麺屋にしろ)、大盛りにすると「スープや食材のバランスがくずれるから、大盛り注文お断り・・・」というのが主な理由。つまり、それだけ味にコダワリと自信があるわけで、この「こくや」っていう拉麺屋も確かに、美味しいちゃんとした拉麺を提供しておりました。

お次は「銀のくら」。めっけモンに値する札幌拉麺、たぶん札幌麺系では名古屋地区一番のお店、かと思った。旨かった!コクのあるスープに中太の縮れ麺、BOSSが恋い焦がれていた「札幌拉麺」でありました。こちらも人気店らしく、他のお客さん、殆ど常連のようでで「にんにく大入り、バター抜き黒胡椒いれ・・・」だのと、一見者にはワケ分からんトッピングを細かく注文していた。そこはかとなく、マニアックファン的な感じ・・・面白いお店であった。

その他「」は記事書くの止めとく。なんだか、一食分損した気分になってしもうた・・・「ラ王」さんの記事が好意的なのが不思議?です。

薬味拉麺茂一」、総本家好来道場」については、度々このcolumnに登場済み、で私のお気に入りです。

★1日1click投票↓あなたのお情けハゲミになります★

ranking.gif

bannar01.jpg

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.arstudio.co.jp/mt/mt-tb.cgi/77

コメントする