« 文字化け「繧岑阪」のお詫び | メイン | 実施設計・・・・ »

2006年02月02日

● 拉麺紀行 2 ・・・・

 このBlog.は一応?「デザイン・アート」部門ではあるが・・・デザイン・建築話しよりも喰いモンネタが多いんじゃあないか?って・・・・仕方がない、仕事話よりも趣味的な喰いモン話しのほうがお気楽である。

 ウチの事務所は、みな拉麺好きである。mutsuなんかは「週8でもOKッヨ !」って言っているくらいのラ好きである。なんでも彼は、深夜11時過ぎに仕事終えて、自転車での帰宅途中に色んな拉麺屋たち寄り、拉麺喰ってから帰宅するらしい(ちなみにmutsuの自転車通勤距離は片道20km ! )。ワタシャ、年相応に脂肪を気にしており「お願い、週1は・・・」の拉麺遍歴20年である。今の時代、拉麺ブーム、美味しい店が一杯あって嬉しい限りだ。さらに、インターネットの「拉麺 名古屋」で検索すれば、拉麺屋情報がザクザクでてくる。有り難い世の中になったもんだ。
 拉麺好きには有り難いサイト「ラ王への道」を拝見しているおかげ、名古屋地区のウマイ店にはことかかぬ。今回は、中区の「麺家 喜多楽」というお店。
 店入ると、JazzのBGM(なんと、BOSSが好きなEric Dolphyの「On Green Dolphyn Street」)。ただ・・・これまでの経験上、拉麺屋でJazz流しているお店は、イマイチなところが多かったのだが・・・。

ramen.jpg
「麺家 喜多楽 / 特製らぁ麺 塩 800円」

 お味の方は「まぁまぁ美味しかった」くち。ワタシャ「特製らぁ麺 しょうゆ」っていうのを食したが、一見して「しょうゆ拉麺」らしくないスープに驚く。このスープ、一口目に魚系のダシ風味が効いて、鼻にくるが、あとは普通の?鶏豚系のダシ風味で、美味しいスープだった。強いて言えば、なんか甘味のあるスープが多少気になったところ・・・・(上の写真はitoが食した「特製らぁ麺 塩」)。麺は細麺であるが、コシがしっかりした茹で加減でgood、その他のチャーシューやら煮玉子も美味しかった。「ラ王〜」さんは、ここの「今昔中華そば」をオススメしていらっしゃるようで、次回はこれにしてみよう。

ranking.gif
bannar01.jpg

コメント

成田(妻) さま
コメント、並びにランキング向上キャンペーンへのご協賛有り難うございます。私も是非、No.1御氏名にあずかりたく、「ふふふふふっー」ってな気分になりたいものだなぁ〜なんて思います。一層、シゴトにハゲみ、その合間に記事せっせと書きますので、こんごともよろしくお願いいたします。

凄い勢いでランキングが上がってますね。
マメに更新してるし、内容も面白いもん。
これは1位も夢ではないぜっ!

コメントする