Home / Works / Profile / Faq / Links

2006年02月28日

● お水・・・・

 昨日、ito連れての打合せの帰り、街道沿いに新しい拉麺屋発見。いかにも最近の店舗らしい、お洒落で一見美味そうににみえそうな?店舗デザイン。itoは、いってみたそうな顔してが・・・BOSS曰く

「いいか、店構えばかり気にかけてる拉麺屋で、ウマイ店なし、っていうんだよぉ」
「考えてみぃ、店の見栄え気にかける暇とカネあれば、ちょっとでも美味しいモン創って、客を喜ばせるのが『職人』ってもんだ。例えば、巨泉だって慈庵だって、如水だってみ〜んな店構えにはカネかけとらん、だろう?それでもって巨泉や慈庵は、ひたすらウマイ拉麺追求しているだろう?あと、西区の消防署の横っちょの一徳、あそこも店せまくてキタナかったけど、エエ味だしとったぞぉ。」

っていう会話。ついでにもう一言(多い)BOSS・・・

「いいか、デザイナーの世界だって拉麺屋と一緒、『おれデザイナー』って顔して、ヒゲはやし、真っ黒い服着て、みてくればっか気にかけているヤツ、よぉ〜おるだろう?そうそう、ちょっと珍しそうな欧州車なんか乗っとるヤツ・・、ああいうのに限って、ロゴデザインにしてもチラシ頼んでもロクなプレゼン見せてくれたことないんやぁ。自分の見かけに精だすヒマあったら、ちゃんとしたモンつくれや!。モノつくりちゅうのはなぁ、エエモン創って、お客に喜んでもらってなんぼのモン、や。エエモンさえつくれりゃあ、見掛けなんか関係ないわぁ。そうだろう?例えば、安藤忠雄や伊藤豊雄みてみぃ・・・み〜んな、ダサイ格好しとるがなぁ、それでも彼らは、自信に満ちた顔つきでみんなが納得してしまう、こうジワ〜っとした雰囲気もっとるだろう??、おれらぁの業界だって同じだって・・・」

そしたら、察したito曰く、

『あ〜、このあいだ○○にきていた、□△×さんみたいなモンですねぇ〜』

そいで、BOSS

『お〜そうだ、あの人あの人・・・・カッコばっか・・・』

、、、、、、、これ以上同業者風情のこと言い出すと・・・波風たちそうなので止めときます。

 さて、昨日は事務所の備蓄食材も底をつき、面倒くさくなって、また皆で拉麺喰いに出かけた。ワタシャ(我が家でも)、基本的に外食する場合は「自分では創れない料理」を食すのを鉄則としている。フレンチやイタリアン、キッチンスギヤマのカニクリームコロッケ...etc.全て、自分ではつくれっこない次元のものを、外で食したいもんだ。拉麺なんて、あんな手間暇かけているものはとても自分の手には負えない。
 昨日のお店は、星ケ丘の「福 家」っていうところ。ラ王さんの評価では、結構良かったので期待・・・

 お店入って、テーブル席に座って、スタッフとああだこうだ、と品定め。mutsuは相変わらず「大盛り」を喰らうつもりらしい。BOSSは新規のお店では「大盛り」は避けることにしている←ウマイかどうか分からず、リスクがある。そんなこんなで、お店の若い子♂が注文聞きにくる。

『こちら、お水になります』

ん・・・???思わずBOSS、

『これ、水にきまっとる、がやぁ!』

mizu.jpg

って、言い返してしまった・・・ゴメン。
最近あちこちで「最近の日本語オカシイ」って記事みかける。そのなかのひとつ、ファミレスなんかで

『こちら○○○になります』

ってやつだ。それにしても「こちらお水になります」はないだろう!そのあと、思わずBOSSひとりでハラ抱えて笑ってしまった。それ言うだっらせめて・・・・

『お水でございます』

だろう・・とはitoの弁。もっともだ。それにしても、たかが拉麺屋で、ただの水、「お水でございます」はないだろう・・・そう言ってくれりゃ、こっちだって「ハイハイ、どうもありがとう」ってことにはなる。

そんなやりとり、があって・・・お味の方は・・・まぁ書くのやめとく。

 帰り際、お代払って会社宛の領収書を「アーキスタジオです」って頼んだ。そしたら、先程の若い子♂が書いてくれた領収書は・・・

『アーキスタッジョ』

って書いてあって・・・またまた大笑い、楽しませてくれたラーメン屋さんだった。ついでにブログランキングに投票じゃ !



bannar01.jpg

2006年02月25日

● 牡蛎飯・・・・

 自転車通勤はじめて一年ちょっと、はじめて一週間も自転車サボってしもうた。おかげで風邪の具合は完全復調、本日よりエッチラおっちら自転車通勤再開。本日は晴天なり、気分も爽快に、梅の花もそろそろか、はぁはぁぜいぜいと事務所に辿り着く。
haniwa_01.gif 

 ただいま実施設計、丁度キッチン廻り設計しております。ウチの事務所では基本的に(キッチンメーカーは採用せずに)キッチン廻り、ぜ〜んぶ設計しています。システムキッチンメーカー品では制約が多いし、ウチの建築に馴染まんからイヤだ。キッチンのディテールも、建築の外観やインテリアのデザインコンセプトと一緒、ミニマルにシンプルに、そして使いやすくがモットー。とかくキッチンは生活感のでるところ、そこんところを如何に愉しく過ごせて、リビングダイニングと一体化した空間に仕立てるかだ。食は愉しく、だ。
 自分では、毎日事務所のキッチンで賄いメシ造っている。ウマイ料理造るには、事前の下準備と段取り、手際の良さが勝負どころ。メシ造りはとかく慌ただしい・・・だから、器具やら収納やら、ゴミ箱やら・・・作業に手数かけず、無駄な動きないような、作業スペースと収納方法が一番大事、かと思う。キッチンスペースも大きけりゃあ、よいってもんじゃないと思うがなぁ・・・こればっかりは人それぞれか、皆さん愉しいキッチンつくりましょう。

kaki.jpg
 ぷりっぷりっの牡蛎


本日のお題は『牡蛎飯』。牡蛎のシーズンもそろそろ終盤、まだまだ美味しい牡蛎である。事務所の賄いでは、牡蛎フライは面倒くさいから、あんまり登場しない。以外に簡単美味しいのが「牡蛎飯」。牡蛎は塩水で軽く洗って水切りしておく。鍋に出し汁と、酒、みりん、醤油少々を煮立て、牡蛎を八分まで火通しして、牡蛎の出汁もとる。牡蛎はとり出しておいて、出し汁に水を足して、普通に炊込みご飯の要領で炊く(出汁昆布も一切れ一緒に炊き込む)。ご飯炊けたら、取り出しておいた牡蛎をご飯にのっけて暫し蒸らす。盛りつけには三つ葉を少々。

ついでこさえた副菜は、「がんも+大根+かしわの煮付け」じゃ。ついでにブログランキングに投票じゃ !

bannar01.jpg

2006年02月22日

● BOSSのねごと 其の二・・・

 寝言堂さんに紹介していただたお陰様、このブログやアーキスタジオのHPへのアクセスが随分アップしているようです。それにしても、設計事務所のブログに「鰈の煮付けの作り方」だの「南瓜の含め煮」なんかの、料理レシピ系のリファラーが相変わらず多いのには笑える今日この頃、おかげでで風邪も快方に向かっております。

 mac.jpg寝言堂さんに依頼した「アーキスタジオ 一行詩」、その続き・・・・どうやら、寝言堂さんのブログでは、この作品のウケがよいようで嬉しい限りです。寝言堂の荒木さんが言われるように「全力なのは当たり前ですが、それをストレートに表現すると、どうも・・・」その通り、こちらも楽しんで(ホントか??)建築創らせてもらっている、その雰囲気がお客さん達にも伝わるんじゃないかなぁ、と思います。書の表現で横書きというのは、さぞかしムズカシイ?と思われますが、なんだかスピード感のある表現が気に入っております。

 寝言堂の荒木さんは大変誠実な方、今回の創作にあたり幾つかの案をいただきました。

寝言堂の荒木です。

 昨日、返信のメールをいただき、そして、またHPとブログを拝見させていただきましたら、一気にイメージがわいてきました。片岡さんの『「素直なコトバ」が一番に思います。』というお言葉を頂戴したからだと思います。いくつか書き記したものの中から幾つか選びました。添付しましたのは、筆文字にしたイメージです。無理な注文もときにはあるけれども、お客様のために昼夜を問わず労をおしまない。そして、デザインするのは、家ではなく、お客様の生活スタイルだということを感じました。以下、考えた一行詩です。

デザインはお家だけでいいんですか?

家をデザインするのは当たり前、使う人の生活そのものをデザインするという意思(意志)です。

余計なお世話もいたします

これは、「家のデザインだけじゃないぞ」という思いをあまり重くならずにさらっと笑い飛ばす感じで表現してみたくなり、作ってみました。

お客さん、手加減はしませんよ

全力なのは当たり前ですが、それをストレートに表現すると、どうも、胡散臭くなる。それをどうしようかと思案し、このような表現にしてみました。

(夢を形にするために)夜通しマックで盛り上がる

クライアント 接客スペースに掲げられるということでしたので、クライアントの方との会話のきっかけになるようなものをと思いました。「マック」は当然、「マッキントッシュ」ですが、「『マクドナルド』で会議でもするの?」なんてところから会話がはずめばいいかな、と思いました。きっと、緊張しておられるクライアントの方もいらっしゃると思いましたので。「夢を形にするために」をつけたほうが、すわりはいいと思いますが、ちょっと長いような気もします。

目標は三十年後のありがとう

お客様皆様はもっとずっと先のこと、たとえば30年後に、この家に住めてよかった、アーキスタジオさんにデザインを頼んでよかったと、そういうレベルにあるのではないかと思いました。ただ、きれい過ぎますか?どうでしょうか?

全開でマウス転がし 腱鞘炎

も 浮かびましたが、腱鞘炎はちょっとやり過ぎかと思いまして、次点です。

などなど、自分ではとても表現できないコトバ、思わずニヤッとしてしまいました。スタッフともども協議して

1)「直線に魂込めて」→採用
2)「夢を形にするために夜通しMacで盛り上がる」→採用
3)「目標は三十年後のありがとう」→採用
4)「全開でマウス転がし腱鞘炎」→上三つが直球勝負のため、ウケ狙いで急遽採用!
と、あいなりました。

mouse.jpgarigatou.jpg
早速、事務所にこんな感じで揚げてあります。
ついでにブログランキングに投票します !


bannar01.jpg

2006年02月20日

● BOSSのねごと 其の一・・・

 ここ数日、きばって仕事に精だしすぎていたのか、ちょいと風邪ぎみ。おかげでしばらく自転車通勤はお休みです。

 そんな、こんなで先日、おもしろいブログサイト見つけた。ちょっと笑える一行詩、これを「書」にしている方のサイト寝言堂さん。わたしゃ、むかっしからこの手のコピー?には大受けしてしまう。自分では、なかなかひねり出せないコトバの数々。思わずハラ抱えて笑ってしまった・・・(失礼、荒木さん)。どうやったら『入れず やらず 入れさせず』とか『愛しい君からもらいゲロ』はたまた『俺、Sサイズ ううん、アメリカのじゃなく日本の』っていうフレーズが浮かぶのか???

 というワケで、うちの事務所にもなにか「寝言堂」さんの、「ぷっ」ってな作品欲しいと思い、さっそく作品製作依頼しました。

 ウチの事務所に最初に訪れてくださる、新規のクライアントさん達、接客スペースにお入りいただくと、事務所自体が「コンクリート打ち放し」で緊張感空間あるなのか?皆さんとても緊張されているようです(特に若い方達は)。そんな時に荒木さんの一行詩で、ちょっとだけ和んでくださればなぁ、と思います。

 まずは第一弾、直球勝負 ! ! で・・・・

SEN.jpg
寝言堂の荒木さん、傑作有り難うございました。
「BOSSのねごと 其の二」へと続く・・・・ついでにブログランキングに投票します !

bannar01.jpg

2006年02月18日

● ときどき侘びしくなる・・・

明けても暮れても、設計のことばかり考えている。

人からも、何が気分転換ですか?ってよく訊かれる・・・・

「仕事するのが気分転換です」って応えている。

そりゃあ、自分で創らせてもらった建築が完成に近づき

足場が外れ、初めて 拝む?その建物の全貌に思わず感動してしまう・・・

おれはナルシストか?そんな時が一番の気分転換だ。

cy.jpg

あとは、事務所のキッチンで飯つくっているときか ?

でも、ときどき侘びしくなる・・・

事務所のキッチンで、白菜の漬物などこさえているとき

世の中の設計事務所のオヤジ、事務所で漬物こさえる「所長」はオレぐらいだろうなぁ・・・

ついでにブログランキングに投票します !

bannar01.jpg

2006年02月15日

● チキンの和風ソテー・・・

うちの スタッフのブログ今日のネタは面白かった・・・・。

 事務所の賄いメニューは基本的に野菜を沢山取り入れるようにしているし、野菜もなるべく緑黄野菜もしくは芋や豆類も摂るよう心掛けている。我々のように、デスクに向かってコリ固まっている仕事、体力はつかわぬが「耐力」勝負、BOSSとしてもスタッフの健康には(一応)気を遣っているつもり?である。主菜は、肉ならば「豚バラ」か「チキンのもも肉」、魚は「鍋モノ」「焼き魚」「煮魚」がほとんど、・・・こうやって書き出してみると、主菜のバリエーションが殆どない!、この数少ない主菜の種類、BOSSが手替え品替えで調理するワケである。要するに、ウチの会社は「スタッフの健康に気を遣い」とかいっているくせに、ただ単にケチなだけかもしれない。

chiken.jpg

 なんだか、ファミレスっぽいメニュー「チキンの和風ソテー」。付け合わせは「かぼちゃの含め煮+白菜人参の浅漬け」。チキンソテーは以前のcolumnにも書いたが、皮までパリッと焼きたい。もも肉が断然美味しいと思うが、肉厚がある分中までなかなか火を通しにくい。パリッと焼けないことが多かったが、しかき最近齢47才にして、やっとこさパリッとした食感のチキンソテーが焼けるようになったとさ・・・。コツは

1)常に弱火のフライパンでじっくり焼く(油はひかず)。
2)弱火で焼くと、ジワ〜っと油がしみでてくるが、この油をひたすら取り除く(私はペーパーで拭きとる)。

 ポイントは、肉と鉄板の間に油が挟まるよりも、肉を鉄板に直当てするようにすること。肉が低い温度の油に接していたのでは、カリッと仕上げることができないのです。肉厚の中まで火通すには、弱火で時間かけて焼くことで解決できます。
 チキンソテーのソースは、「醤油+みりん+酒+赤ワイン少々」を中火にかけ、大根おろしと合わせたもの。これも、鳥肉がパリパリ状態の出来立てを間髪おかず食べてもらいたい。「おい、ハヨぉ食え! 」ってか、そう急かすなよ・・・。ついでにブログランキングに投票します !

bannar01.jpg

2006年02月14日

● ひとりよがり・・・・

設計屋のひとりよがりでは建築にならぬ・・・・

デザインばかりが能じゃありません。

貴方の夢も語ってほしい・・・夢と予算の板挟み、は毎度のこと。

でも、貴方のために精一杯のお家つくります。

hx1.jpg hx2.jpg

すばらしい建築を設計したつもり、

いくら建築を「絵」に描けども、実現させる甲斐性なければ「絵に描いた餅」。

あれこれ便利過ぎ、快適過ぎも考えモンかもしれない・・・。

学校の厠で、ウォシュレットなければ○○○できない小学生、笑い事じゃあない。

毎晩毎晩、夜更けまで思い悩む設計の日々、

現場では、働く職人さん皆それぞれの人生背負って、黙々と造ってくれるお陰様、建築創れるってモンだ。

そのこと、忘れちゃならぬ・・・・。

建物完成の暁の、貴方の笑顔で全てが報われます。

ついでにブログランキングに投票します !


bannar01.jpg